日傘の色で最も効果があるのは?ベストなのはズバリコレ!

お読み頂き有難うございます。記事をいいね!して頂けると嬉しいです♪

段々と暑くなってきて紫外線が気になる季節になってきましたね~。


みおしは普段日傘はあまりささないのですが、夏に義母とおでかけすると義母は必ずといっていいほど折りたたみの日傘を持ち歩いてさしています。

うちも幼稚園の息子がいますし、真夏に外に出かけることも多いので今年は義母を見習って日傘を購入しようかなぁなんて考えているのですが、日傘って色んなデザインや色があって悩んじゃいますよね~(ノω<;)


それで思ったんですけど、


日傘って何色のものが一番効果があるんでしょうか??


みおしはピンクが好きなのでピンクにしたいなぁなんて思ってるんですけど、何色でもいいのかなぁとかピンクって薄いけど紫外線ちゃんとカットできんのかな?(汗)とかかなり悩んでいます。

そんなこんなで今回は、一番効果的なのは何色の日傘なのかについてまとめてみました!


スポンサーリンク


日傘でベストな組み合わせの色はズバリコレ!

日傘の色は内側と外側とありますが、一番ベストな組み合わせなのは


0034 外側が白で内側が黒


の日傘です。というか日傘っていうとなんかもう白か?黒か?みたいな感じになりつつありますよね~w


さて、ではなぜ外が白で中が黒が良いのかちょっとお話しますね。


161098

なんで外側は白で内側は黒がベストなの?

白と黒。この2つは、紫外線をカットする方法がこんな感じに違います。

072 黒は光を吸収して紫外線をカット
072 白は光を反射して紫外線をカット



双方とも100%紫外線をカットしてくれるわけではありませんが、白の方が繊維の隙間から入ってくる紫外線の量が多く黒の方がカット率は上です。

黒は特に熱(赤外線)を吸収しやすい色です。なので1色のみの傘を選ぶなら白よりも黒がおすすめです。

内側は黒がベスト

紫外線って太陽が空にあるから上から降ってくる(直射光といいます)イメージが強いですよね。でも実は、アスファルトなどの地面を照り返して浴びる紫外線の量も結構侮れません(ノω<;)


なので、紫外線対策には直射光だけでなくこの照り返しへの対策も非常に重要になってきます。


先ほどお話しましたが、白は光を反射して紫外線をカットしています。直射光だけでなく照り返しの光も跳ね返しまくっています。

もし内側が白の日傘を使った場合、


0034 傘の内側で反射した紫外線が自分の顔などの皮膚に当ってしまう可能性も


あるんです!


反対に内側が黒だと、黒は光を吸収するので、照り返しの紫外線や赤外線も傘の内側で吸収してくれます!

なので内側の色は黒がベストなのです。


スポンサーリンク


外側は白がベスト

「なんか話きいてると黒のが全体的に良さそうだけど、なんで外側白の方がいいの?」なんて疑問がわきますよねw


外側が白が良い理由ですが、

072 黒は紫外線だけでなく熱も吸収しやすいので暑い!
072 夏に黒は暑苦しいw



白よりも紫外線カット率は高い黒ですが、熱(赤外線)や熱に変わる可視光線も一緒に吸収してくれちゃうんでめっちゃ暑いんですよ・・・。

傘本体も暑くなりますし、異常に暑くなって熱中症になりかけたなんて人もいます。


しかも「夏に真っ黒の傘って!暑苦しいわ!」と思ってる人はかなり多いようです(汗)日傘を普段よくさす人から見ても、「夏に真っ黒いのは暑苦しいからやめてほしい・・・」みたいな意見多数でしたw


197252


一方で白は熱も反射して暑さ対策になりますし、見た目にも涼しいので外側は白がおすすめですね♪

c3 外側がシルバーの傘も!

シルバーも白と同様、光を反射して紫外線をカットします。なので外側がシルバーの傘もおすすめです♪


ただ、シルバーの傘は自分にとってはサイコーですが

088 反射して眩しい
088 ギラギラして迷惑

なんていうマイナス意見もあります(=▽=;)


あ、もちろん白同様に内側は反射して自分に返ってくるんで内側シルバーはやめてくださいねw


大切なのは色よりも生地だった!

今回は『色』がテーマなので色別効果についてご紹介しましたが、黒が一番良いだのどうだのは一昔前の話で。

ぶっちゃけ最近は


0034 色なんかどうでも良くて最重要なのは生地


というのが日傘界の常識になりつつあります。

色的な条件を満たしていても、やはり安い日傘はそれなりの効果しかありません。なので本気で紫外線カットしたいと燃えているあなたは、色にこだわるよりも日傘そのものにこだわるのがおすすめです。


ちなみに日傘界で有名なのはこの2つ。

072 サンバリア100
072 芦屋ロサブラン



特にサンバリア100は日傘界のドンって感じですねw 両方とも1万円以上とかなりお高いですが、生地からして普通の日傘とは全く違うので色に関係なく遮光率100%です。

双方ともやはり照り返し対策の関係で内側の生地は黒いですが、外側の色や柄を気にせず選べちゃいますヽ【・ω・】ノ


機能や値段に大差はないようですが、サンバリア100の方は国産で保証も充実しているのでより安心感はあるかなーという印象です。

ただ、みおしの個人的な意見ですがデザインは芦屋ロサブランのほうがよりおしゃれで可愛いです!w



フリフリで可愛い感じのから上記のような落ち着いた大人っぽい雰囲気のデザインのものまで色々ありますね~。


「本気で紫外線対策したい!かつデザインにもこだわりたい!」という人にこの2つはおすすめの日傘です。

高いけど(ボソ


スポンサーリンク


白黒以外の色はどうなの?(紺とか)

日傘の色について調べてると「白!黒!白!黒!」そればっかですよねwww

みおしも思わず「他の色は?!(=▽=;)」と画面見ながら叫んじゃいましたよ(汗)


白黒以外の色に関してですが、


0034 色は濃ければ濃いほど紫外線カット率が高く、薄ければ薄いほど紫外線カット率は低い


ようです。例えば、赤とか青とか。あとは黄色なんかですねー。

ただ、やっぱり紫外線対策を考えるなら黒か白の二択といった感じで、他の色は大差なさそうですね。。


好きな色を選びたい場合は、やはり先ほどご紹介したように生地にこだわるのが良さそうです><


黒と白が日傘の色ツートップですが、その他に

088 水色
088 ピンク
088 ベージュ



なんかも人気でした。特に水色は爽やかで可愛いとのことで人気が高いです。

合わせやすいから茶色とか黒よりは暑苦しくないかなと思って紺色なんて人もいましたよ~ヽ【・ω・】ノ

まとめ

c1 日傘の色で一番効果があるのは?

ベストなのは外側が白で内側が黒の日傘!


c2 色は濃ければ濃いほど紫外線カット率が高いですが、実は日傘は色よりも生地が最重要。本気で紫外線対策したいあなたは色よりも生地にこだわるのがおすすめです♪



照り返しうんぬんの話をしましたが、最後に衝撃の事実をひとつw


真夏の紫外線は直射光よりも散乱光といって空気中の色んな物質で跳ね返ってくる紫外線の方が多いんだとか。気象庁HPによると夏の紫外線総量の約6割近くがコレとかなんとか。ガーン!∑(゚□゚;)

紫外線はあらゆるところから襲いかかってくるので、日傘だけで対策するのはなかなか難しそうですね。


ってなことで、日焼け止めもしっかり塗ってくださいね!おしまい♪


☆ 夏のイチオシ記事! ☆

熱中症対策に帽子って本当に効果があるの?

夏の公園!子供と遊びに行くのにベストな時間は?


スポンサーリンク


お読み頂き有難うございます。記事をいいね!して頂けると嬉しいです♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ