曇りに紫外線が強い理由!晴れよりスゴイってホント?

は~毎日暑いですねぇ。いつもは太陽がギラギラなんですけど、今日はだいぶ曇ってるので日焼け止めもいいやーという感じで幼稚園に息子をお届けしてきました。


その帰りにたまたま近所の奥さんに会ったのですが、「今日曇ってますね~日焼けしないし涼しいし快適~」みたいなことをいったら


『みおしちゃん知らんの?!曇りの日の方が晴れの日よりも紫外線めっちゃ強いらしいで!』


とバリバリの関西弁で教えてくれました。
(ちなみに兵庫出身の奥さんで、夏以外でもママチャリに日傘くっつけて全身真っ黒に完全防備して送迎してますw)


みおしは紫外線とかさほど気にせずだいぶ疎いので「えっ晴れの日より?!マジ?!∑(゚□゚;)」とだいぶ衝撃だったのですが、


どうして曇っているのに紫外線が強いんだろう??


と、ちょっと疑問に思いました・・・。


だって曇りの日って雲あるし!太陽遮ってるし!晴れの日より紫外線強いなんて不思議じゃないですか?!ヽ(´Д`;)ノ


うーん、でも確かになんかその噂聞いたことあるな・・・と思って気になって気になってしょうがないので、調べてみました✩ミ


スポンサーリンク


曇りの日に紫外線が強い理由は?

帰宅後早速調べまして、曇りの日に紫外線が強い理由についてお伝えしようと思ったんですが・・・


0034 曇りの方が晴れよりも紫外線が強いというのは間違い


みたいです(汗)


142967


いや~、そうだよね。だって普通に考えて雲が太陽遮ってんのに晴れの日より強かったらどういう現象起きてんの?!ってなりますよねwww


ちなみに気象庁HPには、

快晴の時に比べると、うす曇りの場合は約80~90%、くもりの場合は約60%、雨の場合は約30%の量になります。



と紫外線の量に関する記載がありました。曇りの日の紫外線は晴れの日の約7割程度で、雨の日は約3割程度みたいです。基本晴れの日よりも曇りのほうが紫外線の量は少ないですが、それでも7割も降り注いでるんですねー!!(o_o)

雲の間から太陽がチラ見してる日は要注意!

基本的には晴れの日の方が紫外線の量は多いのですが、さらにこんな記載もありました。

しかし、雲の間から太陽が出ている場合には、雲からの散乱光が加わるため快晴の時よりも多い紫外線が観測されることがあります。



!!!


ちょびっと曇っていて太陽が雲と雲の間からこんにちは~してる日ってありますよね。そんな日は紫外線量が快晴の日を上回る、なんてこともあるそうです∑(゚□゚;)


これは色々なところで跳ね返ってきた紫外線(散乱光)の影響らしく、雲の状態によってはそんな日もあるとかなんとか。奥さんの言ってたこともあながち間違いではなかったんですね~。


スポンサーリンク


曇りでも油断せず紫外線対策を!

さて、曇りのほうが紫外線が強いというのは基本的にはガセだったようですがなんでこんな噂が広まったのか調べてみました。


おそらくですが・・・

088 曇ってるとみおしのようについケアが疎かに

088 快適なのでついつい野外に長時間いてしまう



とかそんな感じに、油断して日焼け止めも塗らずに長時間外にいる人って多そうですよね。(みおしはその代表ですがwww


よくよく考えるとこれって晴れの日よりも紫外線を多く浴びている可能性も・・・(汗)


039052


なので晴れの日よりも日焼けしてしまった人が多かったのか、それかケアを怠っている人への戒め的な感じでこういった噂が広がったのかもしれませんねーw


曇りの方が晴れの日よりも紫外線が強いというより、


気を付けないと晴れの日よりも沢山浴びちゃってある意味危険だぜ!


ってことなのかなーとみおしは思いました(o=▽=)

c3 紫外線A派(UVA)は雲を通過する!

紫外線にはUVAとUVBの2種類があります。

041 (1) UVB

強いエネルギーでやけどみたいなヒリヒリ日焼けの原因となる紫外線。雲や窓ガラスでほぼ遮ることができる。

041 (1) UVA

お肌にすぐに影響を与えることはないが、影響が少なく見えて実はジワジワと肌の奥深くへ・・・。数日後肌を黒くしたりする。雲や窓ガラスも通り抜けやすい。



曇りの日はUVBはそこまでありませんが、UVAの方は雲を通過して降り注ぐんだとか。量も晴れの日とあまり変わらないらしいです。。

室内でも窓際だと外の約8割くらいのUVAを浴びているそうですよ。


曇りだとこのUVA派がほとんどなので、肌が赤くなったりしない分確かに油断はしやすそうですね・・・(ノω<;)


スポンサーリンク


まとめ

c1 曇りの日に紫外線が強い理由は?

そもそも晴れより曇りの方が紫外線が強いというのは間違い。

どう考えたって紫外線の量は晴れの日の方が多いですw


c2 ただ、曇りでも晴れの日の7割程度の紫外線があるので、油断して日焼け止めを塗らないで長時間野外にいると晴れの日よりも紫外線を多く浴びる可能性はあります。

また、雲の間から太陽が顔を出している場合、雲の散乱光の影響で紫外線の量が晴れの日より多くなることもあるみたいです。



うーん、晴れの日より多いってことはなくてもとにかく油断は禁物ってことですね~。


ちなみに紫外線の量は7・8月よりも5・6月の方が多いのだとか。

日焼けに気温は関係ないんですが、7・8月って単に暑いのでより日焼けしちゃいそうなイメージがありますよね!逆に5・6月は快適で油断しちゃうのかもなぁ~。


また例の奥さんに会ったら、今回調べたことを話してみようと思います。そして明日からは曇ってても日焼け止めを塗り塗りしようと思ったみおしなのでしたw


おしまい。


☆ 暑い夏のイチオシ記事たち! ☆

日傘って効果ないんじゃないの?と思って調べてみた!

日傘の色で最も効果があるのは?ベストなのはズバリコレ!

熱中症対策に帽子って本当に効果があるの?


スポンサーリンク

お読み頂き有難うございます。記事をいいね!して頂けると嬉しいです♪
関連記事 (一部広告含む)
サブコンテンツ

このページの先頭へ