ぎっくり腰の原因ランキング!こんな行動には要注意?

我が家の息子ももう3歳になりましたが、体重がなんと15kgに・・・(;´∀`)


重いのに抱っこ抱っこうるさいので、私の腰が死んできました・・・orz


そんな日々の抱っこの負担も加わってか、管理人、最近人生で2回目のぎっくり腰になりました(ノД`)シクシちなみに1回目は妊娠5ヶ月のときでした・・・。

急激に痛み出したわけではないので、特に重い当たる原因もなくて不思議だったのですが、よくよく思い返したらこないだスーパーに買い物に行った時に、重い荷物を持ち上げたような・・・(汗)


アナタも、特に思い当たることもないのに、突然ぎっくり腰になって困惑気味だったりしませんか?


ぎっくり腰って、本当に様々な原因でなるんです!あ~なるほどと納得できるものから、そんなことで?! なんていう意外な原因まで色々あります(^▽^;)


ぎっくり腰は、魔女の一撃なんて呼ばれていて、一度なるとそれはそれで痛くて起き上がるどころか寝返りすら打てないんですよね・・・orz


そんなこんなで今回、ぎっくり腰になる原因は、何が一番多いのか調べてランキングベスト3にまとめてみました(ノω < )また、こんなことでもぎっくり腰になるの?!というような、ちょっと意外だけど原因として多いものも 一緒に調べてみましたよ~✩ミ


スポンサーリンク


ぎっくり腰の原因ランキング ベスト3!

では早速いってみましょう~(>▽<)ノ

第3位 くしゃみ

意外なことに、くしゃみが原因でぎっくり腰になる人はかなり多いです。周りに話しても、「そんなわけないじゃん~!冗談でしょ?」と信じてもらえないこともw


実はくしゃみや咳をしたときの腰への負担って、メチャメチャすごいんですよ!!くしゃみをしたときの時速は320キロ以上、咳はなんと200~400キロもあるんだとか(゚ロ゚)これは確かに腰がやられそうですよね・・・w


024767


特に立っている状態でくしゃみをすると、かなり危険です。腹部に力が入って腹筋や背筋が緊張してしまい 、この瞬間に腰を曲げてしまうとかなりの強い力が加わってぎっくり腰になってしまう可能性がありま す。


とにかく腰がまっすぐになるよう意識して、絶対に曲げないよう注意しましょう。壁や机などに手をついたり、腰に手を当ててくしゃみや咳をするのがオススメです♪

第2位 前屈み

床にあるものを拾おうとしたりして、おじぎのような姿勢になったり、前屈み(まえかがみ)になりそのままグキッとする人も非常に多いです。管理人も物を取るのについつい中腰になってしまい、「いまちょっと危なかった・・・(汗)」なんてことが多々あります。


腰を曲げるのって本当に腰に負担がかかるんですよね~(ノω<;)20度おじぎするだけで、立っている状態の2倍、前屈みの場合は4~5倍腰に負担がかかるのだとか!恐ろしいですね・・・orz


062428


対策としては、物を拾うときや取るときなどは、腰は絶対曲げないでまっすぐにして、一度必ずしゃがみましょう。スクワットしているような感じでキツイですが、これで腰への負担はかなり軽減されます。立ち上がる時も腰をまっすぐにして立ち上がってくださいね。


朝、顔を洗おうとして洗面所でグキッとやってしまう人も多いのですが、この場合は台を用意して片足を乗せた状態で顔を洗うと良いです(>▽<)ノ管理人も息子愛用の踏み台を毎日借りています・・・w 普通に洗うよりも物凄く楽チンですよ!!


スポンサーリンク


第1位 重い荷物を持ち上げた

気になる第1位はやっぱり定番のコレ!w重い荷物を持ち上げた瞬間にぎっくり腰!です。


当たり前ですが、重い荷物を持つとそれはそれは恐ろしいくらいに腰に負担がかかります・・・w管理人が今回ぎっくり腰になったのも、重い買い物かごをカートから乗せ降ろししたのが原因でした。私の場合はすぐに痛くなることがなく、毎回数時間後にじわじわ痛くなるので、まさかこれが原因だとは思いもしませんでした・・・orz


ちなみに重い荷物でなくても、気を付けないとなることがあるようですよ!!荷物をあげるときは、先程もご紹介したようにスクワットするようにして、絶対に中腰にならないようにしましょう。


ちょうどわかりやすい、重い荷物の持ち上げ方の動画があったので、ぜひ参考にしてみてください。



どうでしょうか??アナタも気がつかないうちに、この動画のように腰を曲げたまま無理に持ち上げようとしていませんか??


少し気をつけるだけでも、ぎっくり腰になる可能性がグッと減るので、ぜひ重い荷物を持ち上げるときは意識してやってみてくださいね(*・▽・)ノ

ぎっくり腰になるその他の意外な原因たち

さて、ぎっくり腰になる原因ベスト3を発表しましたが、こんなことでもぎっくり腰になる!というちょっと意外だけど多い原因を調べてみました♪

寝起き

寝起きに起き上がろうとしてぎっくり腰になってしまう人って、結構多いんです!


朝って、血流が非常に悪いんですが、血行不良はぎっくり腰の大きな原因のひとつなんですね。朝が一番腰が痛むんだよね~なんていう人も・・・(^▽^;)


また、筋肉が縮んでいるのを急に起こすのも、非常によくありません。朝起きて伸びをしてぎっくり腰になってしまった!なんてことも多いので、寝起きは注意してくださいね。柔らかすぎる寝具も、腰への負担がかかりやすいそうですよ~。

座っている状態から急に立ち上がった

座っている状態から急に立ち上がってグキッ!なんてことも・・・。デスクワークなど、長時間同じ姿勢をしているとぎっくり腰になりやすくなるのだとか。パソコンとかってついつい前屈みになりやすいし、座っているときのほうが立っているときよりも腰への負担はかかるんですよ~(>_<)


060391


座っている状態から立ち上がるときは急に立ち上がらないで、ゆっくり立ち上がったり、何かにつかまりながら立ち上がりましょう。管理人はぎっくり腰になって、お風呂やトイレにある手すりのありがたさがものすご~くわかりましたよ・・・いや、ホントに・・・w

高い所の物を取ろうとした

高い所の物を取ろうとして背伸びした瞬間にグキッ!も、よく聞きますね(=w=;) 電球を取り替えようとしてぎっくり腰になった知り合いもいます・・・w


背伸びのように、一時期的に腰を反らせるような動きは不自然な姿勢になって腰には良くありません。高い所の物を取るときは、台を使うなどして気をつけるようにしましょう。


スポンサーリンク


腰をひねった

振り返ったり、腰をひねったりねじったりしたときにグキッなんてこともありますw 向きを変えるときは腰だけひねらずに、身体ごと向きを変えるように心がけましょう!

ストレス

なんと意外なことに精神的ストレスが原因になってしまうこともあるんだとか。管理人、肩こりがあまりにひどくてずっと悩んでいたのですが、ストレスが減った瞬間に急激に良くなりましたw


人の心と身体って密接に繋がっているんですね・・・。日頃からストレスを溜めないように、うまく発散してくださいね!

ジャンプした

実は管理人が初めてぎっくり腰になった原因はコレでした(T▽T) 妊娠5ヶ月のときに、ほんの少しの段差からエイッ!とジャンプしたら、グキッ!!っとね・・・w


086379


なんかおかしいな・・・と思って、その日はなんともなかったのですが、次の日になったら痛くて痛くて、もう汗ダラダラ・・・。産婦人科の先生のススメで、杖をついて歩いてましたwwwうちのおばあちゃんですら杖をついていないというのに・・・orz


妊婦なのにジャンプするなよという感じですが(笑)、本当に少しの段差でもぎっくり腰になりますので、皆さんも段差には気をつけてくださいね・・・!

おわりに

いかがでしたか?


かなり意外な原因もあったのではないでしょうか?普段何気なくやっている当たり前の行動でも、ぎっくり腰の原因になってしまったりするのですね~!恐ろしいです(;・∀・)


管理人はなんとか起き上がってこうして記事をかけるくらいまでに回復しましたが、一度ぎっくり腰になると非常に再発しやすいです。上記にあげた行動には特に気をつけて生活してみてくださいね。


今思い出したのですが、私が妊娠中ぎっくり腰で死にそうなのに、旦那に「誕生日だからなんか買ってあげるよ~!」とショッピングモールに連れて行かれ、嬉しい半面「この野郎~!!(#^ω^)」と思いましたw 歩けないしあまりに痛すぎて全く集中して見れんかったわ!!w


皆さんはぎっくり腰になったら、お家で安静にしていてくださいね~(^▽^;)


以上、ぎっくり腰の原因ランキングでした~ノシ


スポンサーリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ