宝くじって税金かかるの?住民税とか不安になって調べてみた

前回の宝くじ高額当選妄想記事を書いてから、毎日のように高額当選のことを考えちゃってニヤニヤしているみおしですw


はー・・・5億とか当たっちゃったらほんとどうしようかしら(ノω<;)


旅行とか毎月行きたいし、洋服も沢山ほしいし、

夫婦で山分けしてあとは息子の将来のためにとっておいて・・・


・・・って、


よくよく考えると宝くじで5億とか当たって税金とかって全くとられないのかな?!(;´Д`)


税務署とかなんか意地悪そうだし・・・←勝手なイメージw

競馬とかだと確か場合によっては取られたような。アフィリエイトとかオークションとかだって場合によっては税金取られるし!!

イチャモン(?)つけてなんかしらとってきそうーーー(;´Д`)


スポンサーリンク


・・・で、調べてみたら宝くじの裏に「所得税がかかりません」って書いてありました。ホッ。


でもでも!もしかして「所得税が」ってそのかわりに住民税とかかかるんじゃ?!

受け取ったときは大丈夫でも翌年にドカンと払え!って言われたりとかあ、ありえるーwww\(^o^)/


しかも家族間のやり取りでも、場合によっては贈与税がかかったりとか色々あるようで。


これはキチンと知っておかないと5億当たった時ヤバイじゃん!あたし!


と妄想しすぎて焦りまくって、当たってもないのに宝くじにかかる税金について調べまくっちゃいましたwww

宝くじって税金取られるの?

結論からいいますと、

0034 宝くじは非課税扱い。所得税はもちろん住民税もかかりません!


「当せん金には所得税がかかりません」とか書いてあるからみおしも心配になっちゃいましたが、住民税もかからないし翌年何かの請求がきたりとかもないみたいです。


そもそも住民税って、前年の所得に対してかかってくる税金なんですよね。


競馬とか懸賞とか、福引とか、はたまたテレビ番組のクイズの賞金なんかだと一時所得扱いなので課税対象になるんですが、宝くじは所得ではないので大丈夫なんです(`・ω・´)キリッ

※ 一時所得・・・課税対象になる所得10種類のうちの1つです。一時所得の他には配当所得とか不動産所得とか給与所得なんかがあります。


150924


今の日本の世の中みてると5億も当たったらしっかり税金かかりそうなイメージありますよねw


なぜ税金がかからないかというと、実は宝くじの購入自体が既に税金払ってるようなもんなんです!(゚ロ゚)

年末ジャンボなんかだと、300円のうち40%の約120円分は発売元の収益になってるんですね。これってある意味先に税金払ってるようなものなので、当選金からわざわざ税金をさらに引かれたりはしないのです。

宝くじの公式サイトによると、災害の支援とか、少子高齢化対策などに役立っているそうですよ~。


あーよかったー!!これで5億当たっても大丈夫ですね!!


アナタも安心して5億円当てちゃってくださいね!!w


で、ホッとしたのも束の間・・・。

宝くじに税金はかかりませんが、他のお金と同様にそのお金を活用したときには当たり前ですが税金がかかってきます。


あとは、冒頭でもチラッといいましたが、家族で当選金を分け合うときは要注意!

高額当選したときの予備知識として、こちらについても、順に詳しくお話していきますね(当たる気満々だなオイ


スポンサーリンク


こんな場合には税金がかかることも!

基本は非課税の宝くじですが、こんなときは税金がかかってきます。

物を買ったとき

当たり前ですが物を買うと消費税がかかります(笑)

2015年現在では8%かかりますね・・・。

株など運用したとき

運用して利益がでたときは、その利益に対して税金がかかってきます。

これも当たり前ですねw

貯金したとき

これまた当たり前ですが、預けておくと利子がつきますが、その利子に対して税金がかかります。

利子は所得扱いなので、課税対象なんです。


231537


ちなみに一律20%です。(国税15%+地方税5%)

例えば1000円利子が貰えたら200円は税金を払うってことですねー。

余談ですが、宝くじの当選金を預金するときにひとつ注意

もし預金していた銀行が潰れても1000万円しか保証がありません。
(ペイオフといいます。)

例えば5億預金してたのにその銀行が倒産したら1000万円しか返ってこないってことです!!/(^o^)\ナンテコッタイ



5億が1000万っておそろしい・・・。

当選したら1000万ずつ銀行を別々にして振り分けるとかしたほうがいいかもしれないですね。みおしはそうします←


スポンサーリンク


誰かに譲ると贈与税がかかる!

さて、ここまでは「まぁ別に損してるワケじゃないしいいよねー」程度の可愛い(?)税金でしたが・・・

034 要注意!家族や両親、誰かと分け合うときは贈与税がかかることもあります!

例えばみおしが5億当たって、

「私が1人で宝くじを買って1人で当てたみおしです(ドヤ」
と言ってみずほ銀行で自分の名義で当選金をすべて受け取ります。


これを後日、旦那とか息子に1億円ずつ譲る場合は、贈与税がかかってきます。


贈与税は最高税率50%。基礎控除が110万円と額に応じた控除が1億円の場合225万円ありますがそれを差し引いても、

(1億円-110万円)×50%-225万円=4,720万円

1億円渡した場合だと4,720万円税金が取られて、手元に残るお金は5,280万円です。

(ちなみに贈与税は受け取る側が支払います)



ってか半分くらいなくなってるし!!えええええwww


076310


贈与の金額が1人に対して年間110万以下ならセーフなんですが、110万円こえたら贈与税払わないといけないみたいですorz

そうならないための対策(笑)

「夫婦で分けたら大損じゃん!

よし、独り占めして旦那には1円もやらん!!( ゚ 3゚)≡@ ペッ!!」


とか思ったみおしですが、

034 受け取る時に受け取りたい人全員で行って全員で共同購入したことにすればOK

らしいです。全員で当たったよ!みたいなw


グループ購入とかもそうなんですけど、さっき説明したように1人が一括で受け取ってその人が皆に分配すると贈与税がかかっちゃうんですよね。

なので初めから全員で受け取りに行って、「全員で共同で買って、全員で当たりました」といって全員の名義で受け取れば贈与税はかからないそうですw


どうしても行けない人は委任状とかでも大丈夫ですが、ややこしくなるので親とか夫婦の場合でも受け取る人は全員で受け取りに行くと確実ですね。そしてそのままそれぞれの口座に入れちゃえばおkです。


231073


税務署は結構厳しいらしいので、何か突っ込まれた時に「譲ってないわ!全員で受け取ったんじゃい!」と証明できるように全員分の『当せん証明書』をみずほ銀行から発行してもらいましょう。


うちの場合息子ってどうなんだ?未成年だけど・・・って思ったんですけど、未成年でも宝くじ購入に法律上制限はないみたいなんで大丈夫なのかな・・・。


みずほ銀行に共同購入したと認められればいいみたいなんで、これは当たったあとに銀行に聞いてみますね。そしてここで報告しますね(やはり当たる気満々


スポンサーリンク


おわりに

さてさて、宝くじの税金についてまとめて終わりにしたいと思います!

c1 宝くじに税金・住民税はかかるのか?

宝くじは非課税なので住民税も所得税もかかりません。

翌年以降請求されることもありません。


c2 ただし、お金を活用した場合には以下の税金がかかります。

010 物を消費したとき(消費税)
010 株の運用等で得た利益
010 銀行預金で得た利子に対する税金(一律20%)


c2 他人はもちろんのこと、家族間でもあとから譲ったりすると贈与税がかかります。

半分くらい持って行かれて大損するので、当選金受け取りのときに全員で共同購入したと言って全員で受け取る。

そして全員分の当選証明書を発行してもらいましょう~。



みおしのように当たっても独り占めしようと思っている場合には、特に税金もかかってこないんですね。ホッ。


そういや知恵袋みてたら預金の金利が5%とかもらえる国に移住して3億預金して年間1500万円の利子で遊んで暮らすなんて人もいましたw 皆さん色々妄想してるんですね・・・www


ちなみに海外は宝くじの当選金も課税対象だったりするみたいですよ~。日本人でヨカッタ~。


この記事書いてたら銀行行って別室に通されて当選金受け取って、それを誰かに見られてて犯罪に巻き込まれないかしらとか

ペイオフ対策もしないとだしどの銀行に入れようかしらとか税務署の人がきたら当選証明見せてスムーズに帰ってくれるだろうかとかいらん心配で不安になってきましたwww

当たってもないのにwww


いやーこんだけ宝くじについて連日調べまくりなので、これはもう当てるしかないですね!w

5億円当ててみおねっとで報告したいと思います!(`・ω・´)キリッ


ということで、この他にも宝くじについて詳しく調べたり、単なる妄想をつらつら書いたりしてますのでよかったらそちらもご覧下さい~(>▽<)ノ

宝くじが当たったら何に使う?ニヤニヤしながら妄想してみた!

宝くじが当たった人の人生!高額当選のその先は!?

宝くじ 当たる確率UPの買い方!バラと連番どっちで買う?


スポンサーリンク

お読み頂き有難うございます。記事をいいね!して頂けると嬉しいです♪
関連記事 (一部広告含む)
サブコンテンツ

このページの先頭へ